ここから本文です

そして人生はつづく (1992)

ZENDEGI VA DIGAR HICH/AND LIFE GOES ON…/LIFE AND NOTHING MORE…

監督
アッバス・キアロスタミ
  • みたいムービー 52
  • みたログ 169

3.79 / 評価:56件

日本文化との根底的相違を見せつけてくれる

  • le_***** さん
  • 2020年2月1日 23時56分
  • 閲覧数 336
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

監督・脚本:アッバス・キアロスタミ、撮影:ホマユン・パイヴァール、編集:アッバス・キアロスタミ、シャンギズ・サヤード、主演:ファルハッド・ケラドマンド、プヤ・パイヴァール、1992年、95分、イラン映画、ペルシア語、原題:زندگی و دیگر هیچ‎ (=Life And Nothing Else)

1990年6月20日のイラン大地震のあと、『友だちのうちはどこ?』(1987年)に主演で出ていたババク・アハマッドプール少年とその家族の安否を確かめるべく、そのときの監督が、息子プヤとともに、車で現地に向かう、という設定。監督役は、ファルハッド・ケラドマンド、息子役は、プヤ・パイヴァール。

現地に近づくに連れ、大通りは渋滞し始めているので、脇道に入り、そこから少年の故郷、コケルに向かおうとする。
途中停車しながら更に山道を行くと、小さな村があり、そこで、やはり『友だちのうちはどこ?』にわずかに出演していたパルヴァネ(背中が痛くて宿題を出来なかった少年)と出会い、同乗させる。

40000人近くが死亡した大地震の爪痕は、これら小さな村々にも大きな被害を及ぼしている。多くの家々は砕け、家族を失っているなか、ガレキの除去や必需品の運搬などに黙々と精出している。
監督が、パルヴァネ少年や、サッカーの試合を中継するための電波塔と立てている青年、湧き水で皿洗いをするパルヴァネの姉ら少女に、地震発生時のようすやその後の家族の生死について、われわれ日本人からすると、デリカシーのない質問とも思えるが、彼らは、あったことや事実を淡々と述べるだけだ。

この映画が、地震からどれくらい経って撮られたものかわからないが、それにしても、泣いたり喚いたり、そんな質問をするとは無神経だ、と不愉快な顔つきになったりするわけでもない。記録映画風な映画として、そういう演出をしたのか、実際に、そのような反応であったのを映画にしただけなのかもわからない。

前半、やや単調であるが、地震の記録を映像に捉えてあり、それを、前作につづく物語としてドキュメンタリー風な映画に仕立てている。
都市部と違い、田舎の小さな村で、神に与えられた試練と信じているかのような住民らのようすは、日本における地震の被災地の復興と違い、そこに文化の根底的な相違を見せつけられ、たいへん興味深い。

コケルに向け、さらに山道を登る監督の車を空から映し、そこで映画は終わる。
ババク・アハマッドプール少年と再会できたかどうかは、視聴者に委ねられている。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ