ここから本文です

卒業 (1967)

THE GRADUATE

監督
マイク・ニコルズ
  • みたいムービー 228
  • みたログ 2,584

3.59 / 評価:677件

わからない

  • thinker さん
  • 2017年12月20日 3時19分
  • 閲覧数 2467
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

有名なラストシーンしか知らず、感動する気満々で見た。
この期待しすぎがいけなかったのか、時代のせいなのか、感性の違いなのか、名作と称される意味がわからないし、感動どころか嫌悪感すら覚えてしまった。

なんだか勝手に、「ロミオとジュリエット的な関係からドラマチックな展開があり、ようやく奪いに行って感動のハッピーエンド」だと脳内に刷り込まれていたから違いすぎてショックが大きい。
期待の教会のシーンだってよくよく見てみればドタバタ自己中丸出しの異常者風だし、決して幸せには見えない暗雲垂れ込め空気で終わるのも気持ち悪いし、一番しっくりこなかったのは、どう見ても20歳に見えないダスティン・ホフマン。
あのおっさんっぽい見た目で人生に迷って本能のまま青春だか葛藤だかしてるから余計に気持ち悪かった気がした。
あと、登場人物たち(特にエレイン)の心理描写が少なかったから、尚更誰にも共感できなかったのかな。と思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ