レビュー一覧に戻る
卒業

卒業

THE GRADUATE

107

beautiful_japan_

3.0

ネタバレ主人公の親とロビンソン夫妻がぶっ飛んでる

主人公ベンジャミン(ダスティン・ホフマン)を誘惑するミセス・ロビンソン(アン・バンクロフト)がエグい。しかし、ミセス・ロビンソンと関係を持ったあとのベンジャミンも、かなりの性悪に変身する。ロビンソン母娘との関係はただれているし、ミスター・ロビンソンが激怒するのも当然。アパートの大家が“出て行け、クズ”と怒るのも理解できる。 エレーン(キャサリン・ロス)を奪い去るシーンは有名だけど、あのあとどうするのかな?ベンジャミンは、ロビンソン邸に侵入し強盗として通報されているのでお尋ね者だし、教会での暴力もある。そういうのは気にせず、愛する人を力ずくで奪う“男気”に感動する映画なのかな? テーマ曲の「サウンド・オブ・サイレンス」はサイモン&ガーファンクルの名曲。登場人物の名前にちなむ「ミセス・ロビンソン」も素晴らしい。とにかく音楽だけは素晴らしい。 専門家の評価が高い割りに、主要タイトルの受賞はほとんどない。

閲覧数758