ここから本文です

上映中

婚約三羽烏 (1937)

監督
島津保次郎
  • みたいムービー 0
  • みたログ 5

3.75 / 評価:4件

226事件のころの映画

  • mac***** さん
  • 2019年8月28日 16時58分
  • 閲覧数 190
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

戦勝国史観、マルクス史観に洗脳されてきた私たちからすると、この時代は、226事件など、皇国精神主義一辺倒、閉鎖的で陰鬱、暗澹とした不況と搾取、差別にまみれた地獄と教えられている時代です。
この作品はそんな時代の映画とは思えない軽妙で快活、そしてロマンとペーソスあふれる楽しい作品となっています。
ある一つの時代というのはいろんな角度からみないとわからないものですね。
このあとから暗黒時代が始まり、自由に映画を作れなくなった、という見方もあるでしょうが。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ