ここから本文です

荒馬と女 (1961)

THE MISFITS

監督
ジョン・ヒューストン
  • みたいムービー 13
  • みたログ 186

3.56 / 評価:34件

なんか イヂワル

  • mik***** さん
  • 2019年1月3日 9時48分
  • 閲覧数 351
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

つまらない映画ではないけど 全く盛り上がらない。
というか ぜったい わざと盛り上がらないように作っている。
なんで こんなにイヂワルなのか 本当に わからない。なんか悪意さえ感じる。

ヒロインは 美人で超善良だけど~~
離婚して現在無職 母親からはネグレスト 学歴無い 渾身のダンスはみんなから笑われた そして情緒不安定メンヘラぎみ。

それを取り巻く男性達も カウボーイ 元パイロット ロデオの名手 と みんな男性的な専門分野のエキスパートなのに それぞれ問題を抱えて ショボくれてる。

馬狩りのシーンも すごく迫力あって素晴らしいのに その目的がまたショボくれている。

本当に なんでここまでイヂワルなんですか?

それにしても マリリン・モンローが美しい。
アップで良く見ると 肌とか やっぱり年齢で それなりに劣化してはいるけど

もしかしたらマリリンの全作品の中で一番綺麗かもしれない。
他の作品の綺麗さは お人形さんぽいけど この映画では肉体がナマナマしい。それでいて すごく清らか。
マリリンが最初に登場した瞬間は 本当に はっ!とした。オーラがあった。

そして 衣装や髪型も色々と変わり どれも 良かった。
彼女の肉体の魅力をクローズアップしたシーンも いっぱいあった。

なのにヒロインを あんまり魅力的に思えない。
登場人物の誰かを好きになれるように作られてない感じがするし 一応ハッピーエンドなのに ここまでハッピーな気持ちになれない映画も めずらしい。

それくらい イヂワル。

なんで???

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ