血煙高田の馬場
4.0

/ 15

40%
40%
7%
7%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(10件)


  • いやよセブン

    4.0

    この時代にここまで迫力

    飲んだくれの中山安兵衛が決闘の助太刀となって、高田馬場で18人斬りというお話。 阪妻が高田馬場に駆けつけるシーンはすごい迫力で、映画人の気迫を感じる。

  • エル・オレンス

    4.0

    ネタバレ日本映画史に輝く、ラスト6分の大決闘!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • d_h********

    5.0

    ネタバレ決闘高田のババーン

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pin********

    4.0

    スピード感あふれる韋駄天走り。

    酒に明け暮れていた中山安兵衛。 おじの決闘を機会に、心を入れ替え、また堀部家の娘に見初められるまでのエピソードを描いたもの。 僕はどうも忠臣蔵というやつが苦手で、あの赤穂浪士というのもどうしても好きになれません。 正直なところ吉良上野介の方が筋が通っているような気がして仕方がないのです。 したがって、この中山安兵衛にも思い入れが全くありません。 というわけで、彼の剣豪ぶりだけを描いたこの作品はかえって好感がもたれます。 なまじな忠臣蔵臭さがなくていいのです。 前半のけんか仲裁のユーモラスなやり取りや、後半の有名な韋駄天走りや十八人切りなどはたしかに見ごたえがあります。 この場面だけでもこの作品の価値はあると思うのですが、逆に言えば、このシーンだけの映画ともいえるのがやや残念でもあります。

  • mal********

    2.0

    酒に溺れすぎの主人公が苦手です。

    1937年の日本映画の名作と呼ばれる時代劇です。 yahooでは「血煙高田の馬場」で本作は登録されていますが、資料によっては「決闘高田の馬場」と表示されてることもあるみたいです。 クライマックスの十八人斬りは、その前の高田の馬場に乗り込むまでの疾走シーンと併せて痛快で面白い名シーンだと思います。が、主人公がず~っと酔っ払い状態で、なかなか重要な手紙を読もうとしないのがイライラしてしまい、最後まで好きになれませんでしたし、多勢に無勢の決闘はあまりにも卑劣に感じてしまいました。 他のレビュー投稿者は本作に対して軒並み絶賛状態ですが、映画の好き嫌いは人それぞれということで、本作に対して少々辛口コメントになったことをご了承くださいませ。

  • ann********

    5.0

    最高傑作

    これだけ興奮した映画は無い! スクリーン上の阪妻と結婚したい!とこれほど思ったことはないし(笑) 韋駄天走りに声援を送りたかったし、 最後のシーンは思いっきり拍手をしたかった! 安兵衛(阪妻)の酩酊ぶり。 伯父からの手紙を読みながら長屋の人達とのやりとり。 見事な立ち回り。 敵を切って切って切りまくる決闘シーン! どれも忘れられないシーンばかり。 終わり方もカッコ良くて素晴らしい! 最後は涙目でした。 観たこと無い方は一度是非☆ 次郎長三国志&マキノレアもの傑作選!@シネマヴェーラ渋谷 2012年2月5日(日)

  • じぇろにも

    4.0

    高田馬場まで走りぬける

    叔父に説教される

  • dqn********

    4.0

    お祭り気分の決闘シーンに大興奮

    若き堀部安兵衛を阪東妻三郎が演じたアクション時代劇。わずか50分の短さだが、映画的躍動感に満ちた快作である。 バンツマの軽快な演技とマキノ監督のテンポの良い演出がマッチ。まずはバンツマ・安兵衛の魅力。ケンカに強くノンベエ(酔っ払ってない場面の方が少ないのでは?)だが、厳格な叔父には頭があがらない姿が微笑ましい。 続いてマキノ正博の鮮やかな演出。途中に入る立ち廻りシーンのコミカルさ(酔っ払っても目茶苦茶強い安兵衛が爽快)、果し合いへと至るまでの展開の的確さ、そして圧巻は、叔父の果し合いに気付いた安兵衛が決戦の地・高田の馬場に向かうシーン。駆けに駆ける安兵衛と、応援に後ろからついてくる長屋の人々を捉えた超アップテンポのショットの連続に大興奮間違い無し。 続く果し合い場面の盛り上がり方など、まるでお祭り騒ぎだ(ワッショイ、ワッショイなんてやってるし)。この、体で感じる気持ち良さがマキノ作品の魅力なのかな、と思った。決闘に勝ち大騒ぎの民衆と、叔父の亡骸を前に涙し佇む安兵衛(助けられなかった無念…)との対比で終わるラストも鮮やか。

  • sa1********

    5.0

    あっぱれ!

    30年ほど前にこの映画を見たときはこの映画のすごさがわかりませんでした。 まるでアメリカ映画のようなエッセンスを日本映画の中に巧みに取り入れた演出。 徐々に加速してゆくストーリーにたみかけるようなラストシーン、血沸き肉踊るラストシーンで観客を熱狂の渦の中に巻き込んでゆく! しかし、これは正真正銘日本映画!! アッパレ!日本映画!!! 大きなスクリーンで堪能してください。 だってこの時代にはビデオもモニターもないから・・・ でも、この映画かなりヤバイよ、いやホント

  • sei********

    5.0

    ネタバレ型破り

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中