ここから本文です

血煙高田の馬場 (1937)

監督
マキノ正博
稲垣浩
  • みたいムービー 5
  • みたログ 40

4.08 / 評価:13件

解説

 牧陶三の原作・脚本をマキノ正博と稲垣浩が共同監督した時代劇。主演の阪東妻三郎による韋駄天走りと十八人斬りは特に有名。1928年に伊藤大輔監督、大河内伝次郎主演で製作された同名作品と同じモチーフ。再公開時にタイトルが「決闘高田の馬場」と改められた。  飲んだくれては喧嘩に明け暮れる浪人の安兵衛。おじの萱野六郎左衛門は説教をするが、安兵衛はまったく聞く耳を持たない。トラブルから高田の馬場で果たし合いをすることになった六郎左衛門は、そのことを話そうと長屋を訪れるが、安兵衛は仲間と飲んだくれて帰ってこない。六郎左衛門は書き置きを残して高田の馬場へと向かった。事情を知った安兵衛は二日酔いのまま長屋を飛び出した。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ