ここから本文です

按摩と女 (1938)

監督
清水宏
  • みたいムービー 8
  • みたログ 61

4.18 / 評価:17件

目が不自由な人を被写体にするのは悪趣味

  • 百兵映 さん
  • 2015年11月22日 10時17分
  • 閲覧数 580
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

 目が不自由な人々を被写体にするのはいい趣味ではない。なぜなら、映された当人がその画を見ることが出来ないからだ。注文のつけようがないからだ。写す方も見る方も一方的で、自らは安全な高みからの見物でしかないのだ。

 退屈な少年が面白がって、目の不自由なオジサンの顔の前にイタズラをする……。こういうのは見たくないね。目の不自由な男たちが普通の歩行者を追い越して喜ぶ……。楽しいとは思わないね。目の不自由な通行人にぶつかる人間に喧嘩をふっかける……。痛快なことではないね。

 戦前の、人権だ・差別だ・尊厳だという意識が十分でない時期の、決して悪気はない作品なのだが、「今日的には」宜しくない映写だ。清水宏監督の作品にはいいものが多いのだが、これは良くない。社会的生活上決定的に弱い、身体的機能障害を、ユーモアのネタに使ってはいけない。フツーの人間が僅かに持てる歪んだ優越感なのだ。

 清水宏監督についての解説では、「按摩さん」が出る作品がもうひとつ(この作品の3年後に)、『簪』というのがあるそうだ。それも視てみたい。

(清水監督は決して視覚障害者を差別してはいない。むしろ応援者の立場にいる。しかし、結果としては、視覚の「障害」をみんなで楽しんでいるのではないか。)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ