ここから本文です

按摩と女 (1938)

監督
清水宏
  • みたいムービー 8
  • みたログ 61

4.18 / 評価:17件

「座頭市」の元ネタ

  • すかあふえいす さん
  • 2014年5月8日 19時03分
  • 閲覧数 714
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

按摩を主人公にした当時としては珍しい映画。
取り敢えずクレジットの“曳かれる男”にワロタ。


ストーリーは清水宏らしく至極単純、温泉宿にマッサージを生業としてやって来る按摩、
そんな按摩と東京から来たワケ有り女性とのロマンス。
そこに絡む同じく東京からやって来た男とそれに付きそう子供。
謎めいた女性に“嗅覚”が反応し惹かれていく按摩。
同じく子供の世話を一人でするのは大変だと洩らす男。
「奥さんは?」満更でも無い表情を覗かせる女性。
根っからのお嬢様である高峰三枝子の気品と色気が良い。



「按摩が人にぶつかるなんてたりめえだろぅが!」スゲー自己中。
挙句にぶつかっといて叩きのめすって・・・按摩強えぇー。後の「座頭市」である。
ラストの馬車を見送るシーンは超名場面です。
眼の見える人間には見えず、眼の見えない男に見えるもの・・・徳大寺伸の繊細な演技が光る。


・・・で、結局宿屋ドロボーは誰だったんだよ・・・。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ