ここから本文です

嵐ケ丘 (1939)

WUTHERING HEIGHTS

監督
ウィリアム・ワイラー
  • みたいムービー 23
  • みたログ 188

3.73 / 評価:41件

嵐が丘のイメージがやや弱い

  • gtk***** さん
  • 2015年1月22日 18時50分
  • 閲覧数 378
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

これは原作が名作なので普通に面白いですよね。

ほとんど記憶にないんですが、確か小学生の低学年の頃に原作を読んだ記憶があります。
何にも内容覚えてないですけど、滅茶苦茶怖くて面白かった記憶だけはあるのと、荒野の館に幽霊が彷徨っているというイメージだけは、今でもずっと残ってます。

小学生低学年の記憶が今でも残っているというのが、名作足らしめている証拠ではないでしょうか?

内容というより嵐が丘のイメージが凄いと言える作品です。

久しぶりに見てみて、階級だとか人種だとか運命だとか愛なんかが上手く込められていて、展開的にも面白いと言える作品なんだなあと感じました。

ただ記憶が確かでないのであれなんですが、今と昔を並行的に進めていくことで、霊的な世界観と嵐が丘のイメージがもっと強く印象に残るというような作品だったと記憶しているんですが、この作品では回想オンリーになっていて荒野の館に彷徨える霊魂=報われなかった愛情という儚いイメージは、あまり丁寧に描かれていないなあと思いました。

内容以上に、嵐が丘の強いイメージが大切なんだよなあと思っちゃったので(映画としては特に)、★4つにしておきます。

他の作品も見てみたいかな。
リメイクもありな作品だと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ