東京の女性
4.0

/ 7

43%
43%
0%
0%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(3件)

かっこいい10.3%勇敢10.3%かわいい10.3%ゴージャス10.3%楽しい10.3%

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ当時の自動車の価格は4000円

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • min********

    4.0

    クルマを運転する原節子

    前から観たかった映画、フィルムセンターで2017.11月にみる。タイピストから同じ会社の自動車のセールスウーマンになり、家計を助けるモダンガールを演じる原節子。妹の江波和子が姉の会社に勤め始め、妹が立花晃を好きになり、自分は身を引き、職業婦人を貫いてていく。19歳とは思えない成熟さは、20代半ばくらいにみえる原節子。東京をオープンかーで運転するなんて、脇にのりたかったよ。日中戦争が泥沼化する当時に、こんなモダニズム映画。伏水脩監督の安定した演出。同じ監督の「青春の気流」(1942)も、失恋する役回りだ。戦前の原節子の映画では、一番ハツラツしており、是非みて欲しい映画です。ただし、ソフト化されていないので国立アーカイブでの上映を待つしかないね。ダメな東宝。プリントがないなんて。

  • da5********

    5.0

    当時世界最高水準の美人女優二人!!!! 

    姉役・原節子。妹役・江波和子。二人は何から何まで最高だ。だいぶ経ってからのヌーヴェルナントカのアンナとかジャンヌとかジーンとかにうつつをぬかしてる無知な現代日本人たちに、太平洋戦争直前には地球における年間最高傑作映画がこれだったのだと教えてやりたい。高齢者はこういう懐かしの良作群を今すぐ孫や曾孫たちに「観ろ」「観ろ」とオルグせよ! 最高だ。 ただ、男優陣の演技力は、必ずしも節子や和子とつりあってないぞ。(そんなだから鬼畜米英に負けてしまったのか?)

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
東京の女性

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル