ここから本文です

東京の女性 (1939)

監督
伏水修
  • みたいムービー 2
  • みたログ 5

4.50 / 評価:6件

クルマを運転する原節子

  • min***** さん
  • 2018年5月16日 6時41分
  • 閲覧数 790
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

前から観たかった映画、フィルムセンターで2017.11月にみる。タイピストから同じ会社の自動車のセールスウーマンになり、家計を助けるモダンガールを演じる原節子。妹の江波和子が姉の会社に勤め始め、妹が立花晃を好きになり、自分は身を引き、職業婦人を貫いてていく。19歳とは思えない成熟さは、20代半ばくらいにみえる原節子。東京をオープンかーで運転するなんて、脇にのりたかったよ。日中戦争が泥沼化する当時に、こんなモダニズム映画。伏水脩監督の安定した演出。同じ監督の「青春の気流」(1942)も、失恋する役回りだ。戦前の原節子の映画では、一番ハツラツしており、是非みて欲しい映画です。ただし、ソフト化されていないので国立アーカイブでの上映を待つしかないね。ダメな東宝。プリントがないなんて。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 勇敢
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ