ここから本文です

信子 (1940)

監督
清水宏
  • みたいムービー 1
  • みたログ 18

4.00 / 評価:7件

邦画の魅力を再発見

  • gxp******** さん
  • 2020年11月5日 0時48分
  • 閲覧数 144
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

1940年公開作と知り、戦争の色が出てくるのかと思って観ていましたが、
むしろ無邪気に過ごす学園の生徒たちが現代に似て違和感ありませんでした。
学園の寮の部屋も当時としては洗練されている感じで驚くと共に、まだまだ未見の邦画がたくさんあるのだと気づかされた作品になりました。
ストーリーも現代でも通じる内容ですし、音声は難があっても映像は素晴らしいものでした。高峰三枝子さんの清楚で凛とした演技は、のちの二十四の瞳の高峰秀子さんとと共に聖職と呼ばれる教職のあるべき姿を表現されていると思いました。素晴らしい作品でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 勇敢
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ