ここから本文です

指導物語 (1941)

監督
熊谷久虎
  • みたいムービー 2
  • みたログ 8

3.40 / 評価:5件

解説

 上田広の同名小説を、沢村勉が脚色し熊谷久虎が監督した国策映画。老機関士が若い兵士に列車運転を指導する姿が、セミドキュメンタリータッチで描かれる。熊谷はこの作品を最後に、11年にわたり映画の表舞台から姿を消した。  瀬木は後三年で定年を迎えるベテラン機関士。妻を亡くし三人娘を育てる瀬木に、久々に列車運転の指導の仕事が回ってくる。佐川新太郎という二等兵が、彼の担当だ。長女の邦子は、そんな父のために母親代わりとなって妹たちの面倒を見る。さっそく瀬木による厳しい訓練が始まった。昼間は列車に乗り込み実地訓練を行い、夜には学科の勉強をする毎日。しかし瀬木の熱心な指導は、佐川に重圧を与えていた。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ