ここから本文です

父ありき (1942)

監督
小津安二郎
  • みたいムービー 4
  • みたログ 90

3.83 / 評価:24件

笠智衆に尽きる

  • poipoi さん
  • 2007年12月28日 17時20分
  • 閲覧数 498
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

古い映画は人々の立ち振る舞いが美しくて好きだ。特に小津作品の家族劇にはそれが多いに見られて大好きだ。
何てことのないストーリー。しかしラストに号泣してしまうのは、笠智衆に存在に尽きる。彼の場合は演技より、その存在こそがいつまでもこころに残ってはなれない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ロマンチック
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ