ここから本文です

父ありき (1942)

監督
小津安二郎
  • みたいムービー 4
  • みたログ 90

3.83 / 評価:24件

どうも感情移入できず

  • gan***** さん
  • 2009年3月2日 19時28分
  • 閲覧数 742
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

現代のほとんどの家庭では、離れた親子が再び親と同居(特に父と息子の同居)するのは、経済的理由か介護などのどちらかというと消極的理由からくるものだと思うのですがこの映画では息子が親と住みたいといいだす。どちらも金に困ってるわけでなく、身体に不自由があるわけでもない。事例ゼロとは言わないが、いまではなかなかないんじゃないの?我が家の事情とは様相を異にしていたのであんまり楽しめず。
音声・映像が不鮮明。映画会社に復元を求む。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ