ここから本文です

歌行燈 (1943)

監督
成瀬巳喜男
  • みたいムービー 6
  • みたログ 25

4.10 / 評価:10件

舞・鼓・謡

  • ami******** さん
  • 2009年11月15日 12時02分
  • 閲覧数 564
  • 役立ち度 11
    • 総合評価
    • ★★★★★

物語の始まりは、能の舞台から始まった。
私の苦手な、芸能。少し嫌な予感がしました。

しかし不思議なものです。この映画を見終わる頃には、意味も分からない
能の鼓と舞、そして謡に目頭が熱くなる自分がそこにいました。

あの残菊物語の女形俳優・花柳章太郎と、昭和の大女優であり、戦前はあの
祇園の姉妹で主演した山田五十鈴、それぞれになりきれたからこそ、最後
に分けの分からん、でも魂が入った、舞・鼓・謡を見て熱くなったのだろう
と思います。


花柳章太郎さんは、見たい!と私は余り思いませんが、この映画は最初から
じっくりご覧ください。残菊物語より私は好きですし、きっと最後には自分
が思った以上に感情が奮い立つことに驚くことでしょう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ