ここから本文です

ハナ子さん (1943)

監督
マキノ正博
  • みたいムービー 1
  • みたログ 16

4.00 / 評価:8件

戦時下のミュージカル

  • hi6***** さん
  • 2010年7月23日 21時08分
  • 閲覧数 350
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

戦時下であってもマキノの娯楽映画は
抜群に明るい。
なんとミュージカルであり、軍の検閲のためなのか、軍歌なども
使っているのですが、明るく楽しく軍歌を歌っているのに
吃驚としてしまう。
隣組も、出征も、(強いて)実際の苦しさを描かないで、
多分当時、苦しい生活をしてからすると、小市民なこの生活が
天国のように見えているであろう。逆な意味で、反戦映画になっている。
単細胞である検閲を、隣組、軍歌、出征などを話に入れながら、それに批判とか
暗く描かないで、(現実にない)気楽な小市民を描く。
また、頭が固い検閲者が気がつかない、ハリウッド風のミュージカルシーンも
ふんだんに使っている。

しかし、マキノ監督は、「鴛鴦(おしどり)歌合戦」の時にも
感じたが、日本では珍しい、ミュージカルセンスがある稀有な監督であります。
音楽と歌を流すだけをミュージカル映画とする他の監督と違って、
音楽を編曲してどんな曲をも、そのシーンに合わせたテンポにして、
会話もはめ込み、しかも、踊りだけでなく映像も踊る・・・
マキノ以降にミュージカルを日本で成功させた監督はいない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ