ここから本文です

東海水滸伝 (1945)

  • みたいムービー 3
  • みたログ 4

4.25 / 評価:4件

改めて時代劇俳優の技量に感服

  • bsr***** さん
  • 2020年5月9日 20時44分
  • 閲覧数 110
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

本編を観る機会がなく、youtubeの「旅姿三人男」に添えられた映像(予告編を編集したものか)を観ただけの、以下は、はなはだ狭隘浅薄な個人の感想です。
 次郎長の阪妻はこの僅かなカットだけからは却って重みが感ぜられず残念。
 大政かと思っていたらあとで確かめると小松村七五郎の市川歌右衛門、我々世代は旗本退屈男のかなり大仰な演技が記憶に焼き付いていますが、「元禄忠臣蔵」での綱豊卿同様じつに堂々たる時代劇の型を完璧に演じていて改めて感服。
 それに比較すると、これまた後年の御大イメージがかぶさるのか、知恵蔵の森の石松の「バカ」は似合わず。重厚すぎるのですねえ。
 ともあれ、「時代劇華やかなりしころの時代劇スターの時代劇の所作」のあまりの自然さに改めてため息をつきます。黒沢映画(それ自体は大したものですが)以降、クソリアリズムに傾斜した、そのくせ「ズラ」の全く似合わない逆三角形顔ばかりふわふわと歩きまわる今の「鬘をかぶった現代劇」は見るに耐えませんね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ