ここから本文です

待ちぼうけの女 (1946)

監督
マキノ正博
  • みたいムービー 0
  • みたログ 0

未評価

解説

 新藤兼人のオリジナル脚本『待帆荘』を、マキノ正博が監督し映画化。ある港町にある宿屋を舞台に、そこを訪れる人々の人間模様を描いたドラマ。  港町の宿屋“待帆荘”の息子は戦争で命を落としたが、その嫁である早苗は明るく元気に宿屋を切り盛りしていた。宿には、疎開先から故郷を目指す一家、復員したが家も家族も安否がつかめない青年、そして待帆丸の乗組員とその家族など、様々な人々が行き交っていた。待帆丸の故障が直り、いよいよ出航の時が来た。それぞれの思いと希望を乗せて、船はゆっくりと港を出るのであった。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ