ここから本文です

長屋紳士録 (1947)

監督
小津安二郎
  • みたいムービー 5
  • みたログ 90

3.84 / 評価:19件

戦後日本・・・

  • tot***** さん
  • 2011年9月3日 12時59分
  • 閲覧数 501
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

小津監督のちょっとコミカルなところもある人情モノ。終戦直後、迷子か捨て子か分からない子の面倒を見る破目になってしまう飯田蝶子。いい人なんだけど子供を厄介がる飯田オバさんは子供にとってとっても恐い存在。でも段々と・・・。子役(青木富廣)があまり可愛いくない(外見)分、オバさんに怒られて泣いたりなんかすると、なんか余計に可愛く可哀想に思えて目が潤んでしまう。そんな飯田オバさんが涙するシーンもいい。子供を犬や猫の子のように「いる」「いらない」で片付けてしまう時代も現代では考えられないし、この作品のラストシーンと重ね合わせると怖い・・・。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ