ここから本文です

長屋紳士録 (1947)

監督
小津安二郎
  • みたいムービー 6
  • みたログ 89

3.89 / 評価:18件

貧しくても情があった時代

  • kimikuruasu さん
  • 2013年8月14日 21時47分
  • 閲覧数 713
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 小津安二郎脚本・監督。

 終戦直後・・・飯田蝶子扮するおたねが戦争孤児らしい幸平という子供を
 近所の人から押し付けられ嫌々あずかるが、序序に情で結びついていく。
 感動的だ。

 皆が貧しかった時代、しっかり情が生きていた。
 助け合って生きていた気がする。

 現代は現代の良さがあるけれど出来たらもう一度あの頃に戻ってみたいなと思う。

 大切な1本です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ