ここから本文です

ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー (1974)

DIRTY MARY, CRAZY LARRY

監督
ジョン・ハフ
  • みたいムービー 24
  • みたログ 170

3.66 / 評価:62件

突然の幕切れ

  • オーウェン さん
  • 2016年2月25日 11時33分
  • 閲覧数 1025
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

人を脅して金をせしめたラリーとディークのコンビ。
逃亡しようとするところへかまってきた娼婦のメリーを連れて、3人の逃亡劇が始まる。

1970年代ということで、似たような題材である「バニシング・ポイント」が思い浮かぶ。
こちらに比べるとカタルシスは低い。
こういう先を顧みない世界に女性が加わると、勢いが削がれてしまうのはしょうがない。

ただしラストに突然くる幕切れを見ると、ああこれはアメリカンニューシネマだったのかと気付かされる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ