ここから本文です

花ひらく 眞知子より (1948)

監督
市川崑
  • みたいムービー 0
  • みたログ 11

3.80 / 評価:10件

もっと静かな物件を借りれば良いのに

  • bakeneko さん
  • 2017年3月23日 20時28分
  • 閲覧数 158
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

野上弥生子が戦前のプロレタリア文学が流行っていた1931年に発表した「真知子」を戦後直ぐの時代を背景に翻案したもので、戦後急速に流行していた理論優先で非人間的な社会主義へ一石を投じる主張が込められた市川昆のデビュー作であります。

豊かな中産階級に馴染めないヒロイン:高峰秀子が、社会奉仕活動をする友人:三村秀子を通して知り合った社会活動家:上原謙の高邁な理論に惹かれて結婚する決断をするが、男の本性は自己中心的な二股男だと知って…というお話で、世間知らずのお嬢さんが世間の実情を知ってゆく通過儀礼を通して、戦後の日本の精神的迷走を風刺しています。

運動家のアパートが精神病院の裏手にあって、奇妙なタイミングで絶叫が聞こえてくることが、活動家の胡散臭さとヒロインが惑溺してゆく思想&恋愛の如何わしさを表示していて、市川昆の後年の様々な隠喩の始まりとして興味深く、ヒロインを美しく捉えたアップ画像と共に印象を残します。

市川昆の演出はまだまだ未熟なレベルですが、これから急速に腕を上げて才気闊達になることを考えながらヒロインの危なっかしい成長を眺めましょう!

ねたばれ?
研究所だけ買い手が付かなかったのかな?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ