ここから本文です

(1948)

監督
木下恵介
  • みたいムービー 2
  • みたログ 14

3.57 / 評価:7件

揺れ動く心

  • bakeneko さん
  • 2010年10月28日 15時48分
  • 閲覧数 562
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

主要登場人物が2人という限定された状況で、劇中人物の推移する思考に翻弄される“心理サスペンス&推理ドラマ”の傑作であります。

本作は、エキストラ的な出演者は他にもいますが、ほぼ全編が2人の登場人物による“相手の探り合い”という緊迫したドラマであります。
そして、ヒロインである女が相手である男の本性をどう判断するか?という明確な焦点に絞った物語展開は、水戸光子と小沢栄太郎の演技+木下恵介の絶妙な脚本によって最後まで緊張感の途切れない理知的な面白さに満ちています。
更に、相手の素性がほぼ判明してからは、“相手を懐柔しようとする者の真意に関する推測”でまた頭を使う展開となって観客を唸らせてくれます。
緩急自在の演出とロケーション撮影の生かし方も絶妙で、今もあまり変わっていない真鶴の風景を生かした“俯瞰ショット”と最後の“まさかのスペクタクル”も圧巻であります。

戦後直ぐの日本が背景ですし、東京→真鶴間の大体の距離感覚は合った方がより楽しめますが、全年齢的にお薦めの“限定心理サスペンス”のタイトな傑作であります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ