レビュー一覧に戻る

68

kun********

2.0

見所はあった

1948年製作 終戦後3年 戦後の荒廃は殆ど画に出てこない 碌でもない男といいようにされる女の逃避行 全体的に見どころもなく進みつまらないなぁという印象だがラストの火事のシーンはエキストラも多く見応えはそれなりにあった まぁそれだけの映画ですね ところでこの年代ってもう普通にトーキーなんですね まぁよく考えたら戦前のニュース映画もトーキーだったね

閲覧数49