ここから本文です

王将 (1948)

監督
伊藤大輔
  • みたいムービー 4
  • みたログ 89

3.93 / 評価:27件

解説

 実在した将棋界の奇才、坂田三吉を主人公とした北条秀司原作の戯曲を映画化。伊藤大輔が脚本と監督を担当し、感動のホームドラマに仕上げた。坂田家族を演じる阪東妻三郎、水戸光子、三條美紀の演技が高い評価を受けた。  大阪で草履を作る坂田三吉は、三度の飯より将棋が大好きで、趣味のせいで本業はおろそか。将棋大会の会費が必要と、家財道具を持ち出し売り飛ばしてしまう始末。妻と娘の自殺騒ぎにまで発展するが、妻の小春は夫に理解を示し、どうせやるなら日本一になってほしいと告げる。東京の関根名人が大阪を訪れ、三吉と勝負を行うことになった。熱戦の末、三吉はハッタリの一手「二五銀」で勝利するが、娘の玉恵にハッタリを見抜かれ詰られてしまう。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ