ここから本文です

破戒 (1948)

監督
木下恵介
  • みたいムービー 3
  • みたログ 14

3.67 / 評価:3件

解説

 部落差別の問題を真正面から取り上げた島崎藤村の同名小説を、池部良と高峰秀子の主演で映画化。当初は東宝で製作が進んでいたが、争議のため製作が中止、松竹が引き継ぐ形となった。監督は木下恵介。  瀬川丑松は千曲川のほとりにある学校で教鞭を取っていたが、自分が被差別部落の出身者であることを隠して生きていた。父の「決して身分を明かしてはならない」という教えを守り、丑松は親友や思いを寄せる女性にさえ、事実を打ち明けられずにいた。代議士の高柳が丑松と同じ被差別部落出身の妻をめとり、丑松に「お互いに秘密を守ろう」と言ってきたが、丑松は「そんな女は知らない」と突っぱねてしまう。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ