ここから本文です

ターミネーター (1984)

THE TERMINATOR

監督
ジェームズ・キャメロン
  • みたいムービー 191
  • みたログ 9,801

4.42 / 評価:3480件

J キャメロン監督の最高傑作

  • pwi***** さん
  • 2020年8月30日 23時44分
  • 閲覧数 479
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

にして、アーノルド・シュワルツェネッガーの出世作でもある。

お金を掛けずとも知恵を絞れば良い物は出来るといった教科書のような作品。

高校生の頃、友人と劇場に観に行って以来、テレビや、ビデオ、DVD含め数え切れないくらい観ているが未だに飽きず、色褪せないない名作だと思う。

映像自体は低予算の為、現在の眼で観ると流石に厳しい(当時でも特撮パートに関してはかなり陳腐に感じた)が、予算が掛けられない事によって、足りない部分を非常に考え抜かれた台詞で補ったり、未来世界を描きたくても描けない為、未来から殺し屋が来る現代を舞台にしたSFアクションにするというアイディアが功を奏し、タイムパラドックス含め脚本自体も非常に優れた物になっている。

当時より、制作時の混乱等の裏話をインタビュー記事なんかで知っていた為、ジェームズ キャメロンの恨み節が感じられ、低予算を逆手にとった演出も、後のキャメロン作品の体たらくからは信じられない程、何処か鬼気迫る神憑った雰囲気で素晴らしい。

世間では続編であるT2の方が評価が高いけど個人的には断然本作の方が良い作品だと思う。T2は予算を掛けた事によって絵的には本作と比べ物にならないくらい見栄えがする作品に仕上がっているものの、ストーリー的には本作のセルフパロディの域を出ておらず、エンディングに関しても皆で力を合わせれば運命は変えられるといった安直でありきたりに感じたが、対して本作のラストは一応事態は収拾するも、この先訪れるであろう暗い未来を暗示した余韻を残すエンディングが秀透だった。

尚、あくまで個人的意見たけど、これ程素晴らしい脚本を書き上げたジェームズ キャメロン監督が本作とエイリアン2の成功によって、大作志向の凡庸な脚本しか書けなくなってしまったのは非常に残念な気がする。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ