ここから本文です

殿様ホテル (1949)

監督
クラタ・フミンド
  • みたいムービー 0
  • みたログ 1

4.50 / 評価:2件

敗戦下のグランドホテルは大混乱!

  • bakeneko さん
  • 2017年9月21日 18時20分
  • 閲覧数 107
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

最近発掘された戦後の東宝争議の直後に映画活動していた藝研株式会社の第一回作品で、戦後の爵位廃止によって平民化して経済的に困窮した旧華族のお殿様が、都心の一等地の邸宅を利用してホテル業に乗り出すが、戦後の混乱期らしく有象無象の輩が沢山宿泊客として泊り込みトラブルを起こして…という、戦後の華族廃止と混乱状態を活写したグランドホテル形式の喜劇であります。

主演の殿様::河津清三郎の世間知らずな善人振りが清々しい作品で、
離婚秒読みの夫人:眞山くみ子
元執事の番頭:藤原鎌足
元家政婦のメイド長:吉川満子
ギャンブル好きのメイド:飯田蝶子
転がり込んできたメイド(=ヒロイン):井川邦子
そして、闇屋やブローカー、妾など様々な客:小林十九二、林寛、小杉義男…らが織り成す群像喜劇で、実兄の會田吉男がこの作品からキャメラマンとして一本立ちした記念に?原節子も特別出演しています(彼女にしては異色の役柄ですが、「安城家の舞踏会」や「お嬢さん乾杯」の令嬢を連想させる部分もあります♡)。

泊まっているホテルの客筋に戦後5年足らずの日本の混乱振りが窺える戦後喜劇で、流れる音楽や歌も、エリーゼの為に♪、テンペスト♪人の気も知らないで♪、東京ブギウギ♪と当時の流行歌を反映していますし、宝くじの前身である“三角クジ”といった風俗なども出て来ますよ!

ねたばれ?
で、タロウ(ジャーマンシェパード)は誰が面倒を見るんだ~

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ