ここから本文です

春の戯れ (1949)

監督
山本嘉次郎
  • みたいムービー 0
  • みたログ 9

4.40 / 評価:5件

解説

 フランスの戯曲家マルセル・パニョルの名作『マリウス』を山本嘉次郎が翻案したラブロマンス。港と宿を再現した松山崇による美術(セット)が見事。  品川にある居酒屋の息子の正吉は、幼なじみのお花と恋仲だったが、なかなか結婚には踏み切れずにいた。正吉は水夫となって船で外国に行くのが夢だった。ある日、横浜にノルマンジャ号が寄港し、日本人乗組員が正吉の居酒屋を訪れる。水夫長に「外国に行きたいのならノルマンジャ号の乗組員になりな」と言われ、正吉はますます憧れを強くする。お花は呉服屋の大旦那から求婚され、泣いて正吉に助けを求めてきた。大旦那は正吉の存在を知りお花から手を引くが、正吉はノルマンジャ号に乗り込む決意をしていた。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ