ここから本文です

野良犬 (1949)

監督
黒澤明
  • みたいムービー 36
  • みたログ 579

4.06 / 評価:218件

シリアスなストーリーに練りこむ時代背景

  • jok******** さん
  • 2011年6月11日 0時20分
  • 閲覧数 602
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

黒澤作品。

「酔いどれ天使」の直後の作品。

今回は三船敏郎&志村喬の立場がチェンジ。
三船敏郎の黒澤作品初主演作品。

やはり脚本上手い。

ピストルを奪われた刑事。
そのピストルがきっかけできっかけで様々な事件が起きてしまうというストーリー。

「酔いどれ天使」もそうだが、戦後の雰囲気をよく描き出している。

このシリアスかつ濃密なストーリーの中に時代背景をしっかり練り入れているのはさすが世界のクロサワといったところか。

前半は戦後の文化、娯楽などを間接的に描き出し、後半になるにつれてだんだんと三素ペンス感が強くなっていく。

ラストに近づくにつれてその迫りくるような緊迫感はどんどん増していく。

そして演出がホントに上手い。
足元を見せるだけで雰囲気を出すのは天才としか思えない。

沈黙で魅せてくるのは「椿三十郎」のラストを思い出す。

三船敏郎はここから始まったのだな。
まだ若い三船敏郎は魅力たっぷり。

志村喬も三船敏郎を際立たせてくれている。

思ったよりいい作品で驚いた。
時代の深みを感じる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不気味
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ