ここから本文です

黄門と弥次喜多 からす組異変 (1951)

監督
並木鏡太郎
  • みたいムービー 0
  • みたログ 1

3.00 / 評価:1件

昔懐かし・・・

  • shi***** さん
  • 2011年11月18日 9時02分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

安売りDVDの中にあったので買ってみた。
今のセンスとは全く違うが、現在のお笑いの原点のようなものがあるように感じられた。
とはいえ、今の我々ではなかなか笑えない。
昔の人は素直だったのだと思う。

ただ、芸人の芸に対する真摯さというか、伝えたいというメッセージは昔の芸人のほうがいくらか強いように感じる。今の芸人の芸は勢いが大半だが、昔の芸人の芸は反復練習により身についている。今の若手といわれる芸人には、みならうべき部分もおおいのではないだろうか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ