ここから本文です

麥秋 (1951)

監督
小津安二郎
  • みたいムービー 93
  • みたログ 576

4.13 / 評価:212件

小津監督作品はいいねえ。

  • msk***** さん
  • 2021年1月28日 17時51分
  • 閲覧数 105
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

「東京物語」に続いて観たが、どちらもすばらしい。原節子がどちらの作品でもキーになっている。特にこの作品で、原節子が杉村春子を相手にして、結婚を受け入れるシーンは名場面です。これほど腑に落ちる結婚の決まり方を観たのは初めてと言ってもいい。映画シーンでは大げさな結婚の決まり方があふれているが、これほど自然に受け入れてしまうシーンはなかった。
小津監督は、原節子にどうしても結婚に悩む女性像を演じさせたいようだ。小津監督が亡くなってから、すぐに彼女が芸能界を引退したが、なにか因縁めいたものを感じる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ