ここから本文です

平手造酒 (1951)

監督
並木鏡太郎
  • みたいムービー 0
  • みたログ 1

3.00 / 評価:1件

解説

 中山義秀の原作を橋本忍が脚色し並木鏡太郎が監督した時代劇。主演の山村聰が平手造酒を演じるのは、前年に公開された「天保水滸伝 大利根の夜霧」に続き二回目。橋本忍は本作で、リアルな平手造酒像を生み出すことに成功している。  普通の家に生まれた平手造酒は、千葉周作の道場で剣の腕を磨き頭角を現す。しかし金も門閥もない造酒は大家に召し抱えられず、自分より格下の門弟たちに次々に追い抜かれ、やがて酒に溺れるようになっていった。肺を病んで喀血するまでになった造酒は、芸者の増次と江戸を後にして、やくざの用心棒にまで身を落としていく。恩師である周作が自分の帰りを待っていると聞き、もう一度やり直そうとする造酒だったが、やくざ同士の抗争に巻き込まれてしまう。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ