ここから本文です

荒木又右衛門 決闘鍵屋の辻 (1952)

監督
森一生
  • みたいムービー 9
  • みたログ 28

3.67 / 評価:15件

決闘鍵屋の辻

  • pj2***** さん
  • 2017年12月5日 3時33分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

荒木又え門の話を黒澤明が脚本する。演出は森一生。映画の出来は良いが,主役が三船敏郎では,阪妻の荒木「伊賀の水月」には足元にも及ばないし、同時期に製作された,市川うたえ門,アラカンは殺陣がうまいので見られた。如何せん三船敏郎ではどうしようもない。東宝は時代劇俳優がいないから仕方なく主役にした感じ、当然、脇役も現代劇俳優ばかり、やはり映画は配役だ。ミスキャストのサンプル映画。見た後の爽快感はなし。ズバリ酷い作品。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ