ここから本文です

荒木又右衛門 決闘鍵屋の辻 (1952)

監督
森一生
  • みたいムービー 9
  • みたログ 28

3.67 / 評価:15件

解説

 歌舞伎や講談などでおなじみ、日本三大仇討ちの一つに数えられる「鍵屋の辻の決闘」を、黒澤明が脚色し森一生が監督した時代劇。荒木又右衛門を三船敏郎が演じた。  寛永11年11月7日、荒木又右衛門と渡辺数馬らが、数馬の弟の仇である河合又五郎を鍵屋の辻で待ち伏せ襲撃、又右衛門は三十六人を斬り倒したとされている。しかし実際に又右衛門が斬ったのは二人だけだった。その事実とは。物語は「鍵屋の辻の決闘」の五年前にさかのぼる。数馬の弟が河合又五郎により殺害。又右衛門は数馬の仇討ちの助太刀をすることになった。又五郎の助太刀に立ったのは、又右衛門の親友である河合甚左衛門だった。そして五年後。又右衛門と数馬ら四人は、伊賀上野にある鍵屋の辻で、又五郎一行を待ち伏せた。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ