ここから本文です

三万両五十三次 (1952)

監督
木村恵吾
  • みたいムービー 1
  • みたログ 4

3.80 / 評価:5件

明るくも苦い「道中時代劇」

  • 映画賞賛狂 さん
  • 2015年6月16日 23時11分
  • 閲覧数 295
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 アクション・コメディ風味溢れる物語の中に

 目的のために個人を犠牲にする「組織の論理」に

 対する怒りと哀しみを宿す

 時代劇映画であります。

 まさに、歴史を知ることによって味わいを増す

 「明るくも苦い道中時代劇」であると言えるでしょう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 勇敢
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ