ここから本文です

三等重役 (1952)

監督
春原政久
  • みたいムービー 2
  • みたログ 43

3.38 / 評価:8件

愛すべきサラリーマンコメディ

原作は源氏鶏太。地方の大会社・南海産業で、前社長のGHQ追放により会社トップになった三等重役の奮闘。社長に河村黎吉、人事課長に森繁久弥、社員に小林桂樹など。

愛すべきサラリーマンコメディとしたお勧め。ボーナスをめぐって妻と社員が応酬したり(直接貰おうとする妻たちの団結に、森繁の人事課長が知恵で切り抜ける)、他会社社長(進藤英太郎)が愛人を連れてきて出張先まで一緒にすることになったり、東京出張所に行ったらだらけた雰囲気で喝を入れたり…といったエピソードがテンポ良く展開。

タイトルのイメージとは違い河村演じる桑原はけっこう名社長。威厳もそこそこあって人情にもあつい。特に社員に対する面倒味の良さ(お好み焼き屋のエピソードは、お見事社長!です)は、平気で労働者のクビを切る現在の社長たちに見せたいくらいだ。

森繁の人事課長(社長の右腕で世渡り上手)や、サラリーマン役がお似合いの小林桂樹(「江分利満氏の優雅な生活」←こちらもお勧めです)と脇も充実。会社が家族共同体として上手く機能していた時代の良質な喜劇。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ