ここから本文です

原爆の子 (1952)

監督
新藤兼人
  • みたいムービー 22
  • みたログ 104

4.37 / 評価:30件

復興途上の「ヒロシマ」が名演技

  • ecfrchckacqtq さん
  • 2017年8月6日 18時56分
  • 閲覧数 585
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

戦争の悲惨さを訴える名作は数々あれど、被爆から7年しか経っていない復興途上の広島。この風景が映画全体の説得力を倍加している。若い乙羽信子の熱演も光る。CGでもなく特撮でもなく、本物の「ヒロシマ」がここにある。涙なくしては観れない名作。忘却の彼方に去った戦争の苦しみが伝わってくる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ