ここから本文です

生きる (1952)

監督
黒澤明
  • みたいムービー 275
  • みたログ 1,764

4.46 / 評価:579件

名作。言葉にするのもおこがましいほどに

  • she***** さん
  • 2019年6月24日 6時24分
  • 閲覧数 482
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

黒澤明監督の映画は本当にどれもこれもなんて奥深く面白いのだろうと思いますが
中でもこの「生きる」は傑作すぎます。
若者の私は横っ面を叩かれた様な衝撃を受けました。

話の展開の仕方が特に後半が神がかり過ぎています。
まるでこちらが感じる気持ちの流れを完璧に把握しているかの様な顛末は身震いすらしました。
「影響を受けたと軽々しく口にするけれどこの映画ですらあなた方視聴者は風化させるのでしょう?」と。

果たして我々は日常に食い殺されていないのか?
お役所仕事になっていないか?
何のために生きて死んでいくのか?

明日を、いや今を生きていくために私達が必要なものがこの映画に描かれています。
誰かに背中を押してもらいたい時、この映画は遠慮なく貴方の背中を押してくれる筈です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ