ここから本文です

次男坊 (1953)

監督
野村芳太郎
  • みたいムービー 1
  • みたログ 0

未評価

解説

 佐々木邦の同名小説を椎名利夫が脚色し野村芳太郎が監督。1956年には同じ監督・主演で「次男坊故郷へ行く」が製作された。  旧制高校に通う堀尾吉晴は、学友の岩崎悌四郎らとともに料亭へ向かった。教師たちが不正な飲み会を開催していると聞いたのだが、彼らが踏み込んだのは別の座敷だった。吉晴たちは誤って町の有力者をのしてしまい、その責任を取り安藤校長が辞職に追い込まれる。三年後、吉晴は大学生になっていた。証券会社への就職が決まった悌四郎は深窓の令嬢との結婚を決め、吉晴にかつての恩師である安藤への仲人依頼を頼んできた。安藤は校長を辞めた後、吉晴が通う大学の教授をしていた。吉晴は安藤宅を訪れ、そこで片岡道子という女学生と出会う。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ