ここから本文です

日本の悲劇 (1953)

監督
木下恵介
  • みたいムービー 2
  • みたログ 74

3.58 / 評価:24件

解説

 春子は熱海の旅館で女中として働いている。戦争で夫を失った春子は、二人の子供を育てるため、男に身をゆだねる商売にまで身を落としたこともあった。二人の子供の成長だけが彼女の生き甲斐だったが、二人は彼女の過去の商売に反発し、母に反抗的な態度を取る。医大を卒業した息子は東京にいる医者の婿養子になると家を出た。娘は妻子ある英語教師と駆け落ちをしてしまう。娘のことを相談しようと東京へ行った春子だったが、息子は相談に乗るどころか、彼女のことを冷たくあしらう。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ