ここから本文です

祇園囃子 (1953)

監督
溝口健二
  • みたいムービー 14
  • みたログ 215

4.03 / 評価:65件

なんと美しい着物姿

  • iyayo7 さん
  • 2015年2月14日 22時31分
  • 閲覧数 1338
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

1953年に大映撮影所で撮られた溝口健二監督作品。
京都の芸妓、美代春(木暮実千代)のもとに、母を亡くした娘、栄子(若尾文子)が頼ってくる。
親兄弟のいない美代春は引取り、芸妓に育て上げる。
お座敷に出るようになり、旦那になりたいという男が現れるが、強引に迫ったため、栄子に舌を噛み千切られる。
この男は公共事業を受注しようと役人を接待責めにしていたが、この役人が美代春と一晩、と言い出す。
この時代の日本映画に登場する女優陣の着物姿は、その立ち居振る舞いすべてが優雅で美しい。
映画も古さを感じさせない素晴らしい作品だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • 絶望的
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ