ここから本文です

祇園囃子 (1953)

監督
溝口健二
  • みたいムービー 14
  • みたログ 215

4.03 / 評価:65件

これが、わずか85分の映画だとは!

  • ika******** さん
  • 2018年1月17日 12時41分
  • 閲覧数 638
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

主人公二人の演技の素晴らしさ。小暮の所作の素晴らしさや色っぽさ、若尾の初々しさや若々しさ(酔っ払った演技は特筆ものです)、何もかもがいい。溝口監督のこの二人の追い込みのキツさ。その他の役者達も登場人物の背景まで感じさせる。こんな役者達がいたことの素晴らしさ。それだもの、いい映画が撮れるよ。わずか85分だというのに、それ以上のドラマを感じさせる。今なら平気で2時間やそれ以上。で、結局、何それ?!。 今の鬼才監督だの個性派監督と違って裸も暴力もないけど、見事に「人間」を描いております。見て損なし。今ならぜっ~たいに、リメイク不可能。だって着物を着るんじゃなくて、着物に着られているんだものな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ