ここから本文です

上映中

祇園囃子 (1953)

監督
溝口健二
  • みたいムービー 14
  • みたログ 215

4.03 / 評価:65件

新憲法発布といえど

  • ほつれ さん
  • 2021年1月26日 16時11分
  • 閲覧数 84
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画の前半は退屈、後半はゲスの極み。

「雨月物語」で期待度満点の溝口監督が花街の女の定めの悲しさを描いたはいいが、映画が進めば進むほどいやーな気分増しマシで、芸者の美しさとか目の保養とかとっくに打ち消してしまうエグさ。

せめてもの救いとして、ホワイトナイトというか良き紳士が出てくれればいいのだが、そういうのは1ミリも無し。

新憲法で個人尊重、民主主義がやってきたその裏で、カネとしきたりでがんじがらめの女たち。知っちゃあいるけどそれをリアルに切りとってきてどさっと目の前の皿に乗っけられても、観客としても見ないわけにもいかずかといって逃げどころもなくただ困ってしまう。

まとめ:フジヤマ・ゲイシャは不変。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ