ここから本文です

君の名は (1953)

監督
大庭秀雄
  • みたいムービー 7
  • みたログ 110

3.33 / 評価:55件

君の名は、句点「。」無し(笑)

  • operahiko さん
  • 2020年8月30日 18時22分
  • 閲覧数 73
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

きみのなは、と聞いて、この昭和のラブロマンスを思い浮かべるか
新海さんのアニメと思うか、それで世代がわかるそうな(笑)
当方、昭和のほうではあるけどリアルタイムで見ていたのは
鈴木京香が有名になったNHKの朝ドラ。この岸恵子&佐田啓二の
古典的恋愛映画は、いつかきっとと思っていたのが、
国立映画アーカイヴさんのおかげで、第1部~3部、まとめて一気に
観ることが叶いました。朝ドラ版も30年近く前に見たきりだし
うろ覚えだけど、ラストが違っていた。朝ドラはその後の展開があって。
でもそれは余計な付け足しだったのか~と判明。どちらが正解というのは
無いのだろうけど。大元はラジオドラマだったそうだし。
まず歌がよい。君の名はと~はもちろん、伊藤久男の歌う
君、いとしき人よ、は気に入った。どちらも古関裕而。残念ながら
今の朝ドラは見ることが出来ていないが、、、。
歌舞伎座が出てくる。10年前に解体された劇場の、戦後再建直後の姿。
鏡獅子。これは先代尾上菊五郎か?貴重な映像。
よりによってここで真知子の旦那は嫌がらせをする!
個人的にツボだったのが、真知子の叔母さん。夫(真知子叔父)がたぶん佐渡の網元で、ご自分のことを「漁師のおかみさん」とおっしゃる。
真知子姑との丁々発止のやり取りが面白い。
意外だったのがラストシーン。主役2人ではなくて、真知子親友で
小料理屋の女将をやっている春樹のことが好きな淡島千景。彼女が
橋の上で有名な台詞をつぶやく所で終わる。
監督は、単なるメロドラマで終わらせたくなかったのかな?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ