ここから本文です

山の音 (1954)

監督
成瀬巳喜男
  • みたいムービー 13
  • みたログ 145

3.72 / 評価:58件

面倒見が良すぎるお父さん。

  • kun***** さん
  • 2017年4月22日 8時26分
  • 閲覧数 1068
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

一人称で語られ、家族周囲人物のだらしない生活姿勢を批判的に描いた作品。
家長として当然な行為と思ってる人かな?
従弟の父親が面度見が良く、子供達3人の嫁を探し、ご本人は満足な人生だったのでしょうか?
と思い出しました。
同居の息子夫婦に振り回されるお父さん。
妻はあっけらかんとして、突き放してる。
普通は逆ですけどね。
嫁が美人なので、世話焼きたくなる成るって事かもしれませんが。
自分の娘が子供を二人も抱え実家帰り。
旦那の悪口を言い、長居する。
孫は小憎たらしい。
普通は目の中に入れても痛くない程猫かわいがりするものですが。
実の娘と孫はメンドクサイけど、嫁は可愛い。
ま、その人それぞれなので、こんな事もあるのでしょうか?
嫁がまた従順で、陰口一つも吐かず、実家の事も持ち出さず。
まるでこの家族の中唯一聖女として暮らしてる。
息子は帰還兵で心的外傷が有るらしく、粗暴。
そのことを熟知してるお父さんも激批判は出来ない訳で、
息子の浮気相手の家迄出かけ事後策までやってのける。
ご自分のお仕事はどうなってるのでしょうか?
ここまで面倒見が良いと、気持ち悪い。

不気味なお父さんと意思薄弱な嫁の物語で気持ち悪い話。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ