ここから本文です

真実一路 (1954)

監督
川島雄三
  • みたいムービー 2
  • みたログ 40

2.75 / 評価:4件

んん、よく判らない

  • uk-10k さん
  • 2012年1月30日 11時52分
  • 閲覧数 469
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 『洲崎パラダイス 赤信号』『幕末太陽傳』『しとやかな獣』で川島雄三監督に心酔した者としてこの作品は少々期待外れだったというのが第一印象。

 きめ細やかな人間描写も感じられれば、余りに稚拙な演出も散見、という感じで、全編を観続ける事が辛く長く感じられた。もう少し、この物語の軸となる人物を確実に設定し、そこに焦点を当てる事で構成されていればメリハリが効いて良かったかも知れない。余りにも業を抱えた人物が多い(そこがこの物語の魅力でもあるが)にもかかわらず、そのそれぞれに均等に焦点が当てられる為、物語の構成の完成度に些か欠ける。物語の一つの軸のようなものを確かに感じさせてくれる判りやすさが欲しかった。とはいえ、この一人一人の登場人物が抱えた重さを知った上で、今一度、物語を辿ってみたい重厚さは感じとれた。ただ堕ちてゆくしかない人々と苦しみながらも人生を模索し再起してしてゆく人々を対比させて観れば良いかと思う。

 感情のままに生きるのが真実を生きるという事なのか、それとも人間としての生き方を模索するのが真実を生きるという事なのかという問い…原作を読んでみたくはなった。ただ、この作品の映画としての第一印象は、川島雄三の本領は発揮されず、といった所であった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ