ここから本文です

君の名は 第三部 (1954)

監督
大庭秀雄
  • みたいムービー 4
  • みたログ 31

3.78 / 評価:18件

雲仙は修学旅行にも新婚・晩婚旅行にも最適

  • 百兵映 さん
  • 2016年9月13日 10時00分
  • 閲覧数 293
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 この長いメロドラマには少々飽きてくるところだが、この第三部だけは見たかった。この二人がどうなるのか、それを見届けたいということもあるにはある。だけど、それは最後の5分~10分でも再生すれば済むこと。この機会に是非確かめておきたいのは、ドラマの展開とは関係のない“雲仙”だ。

 真知子熱が冷めやらぬ頃、私たちは小学校の修学旅行で雲仙に行った。担任の独身女性は真知子のロマンチックな夢を乗せて引率してくれた。ロケの現場では観光ガイドが真知子節?で解説してくれた。が、感激したのは先生だけで、小学6年生の少年には白けた話でしかなかった。むしろ、驚いたのは近くのキリシタン地獄だった。同じガイドが同じ調子で、隠れキリシタンが拷問にあったという悲劇を語った。背中が凍るような気がした。

 『君の名は』のストーリーを知らぬまま数十年の後、幾らか生活に余裕が出てきて、私たち夫婦は雲仙に“新婚旅行”に行った(事情があって、“新婚”旅行には行っていない)。真っ先に真知子「地獄」を訪ねた。あの頃とは見違えるほど綺麗に(そして、こじんまりと)整美されていた。

 さて、このドラマの結末は、後宮春樹青年がいうところの「正しく結ばれる」ことで哀しく終わる。出逢いの数寄屋橋では黒い敵機B29が飛来していたが、結末は「正しい」白い飛行機が飛んで来る。

 雲仙はいい所。修学旅行と新婚旅行の思い出の所。もう一度、今度は“晩婚旅行”に出かけようか。うちから、高速道路で2時間のところだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ